読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

Vガンダム 48話 消える命 咲く命

「いつの間にか戦争に染まりきっているよな」「僕は嫌なんです。人殺しをしているところで大人になるなんて」これらの台詞は過去のガンダムシリーズ、特にファーストガンダムの全否定に近い。戦場という「非日常」で大人になってしまったアムロが、続編のZガンダムにおいては、豊かで平和な「日常」(軟禁生活だけど)に適応できないダメ人間になっていたのを思い出して欲しい。ウォン・リーの娘、ステファニーにも突っ込まれていたが、アムロが元気になるのは戦場だけなのだ。クワトロ(シャア)の「これ(戦争)以外に食う方法を知らないからさ」も、茶化してはいるが半分は本音だろう。そのためか、このVガンダムと続く∀ガンダムでは富野は戦争という「非日常」よりは、むしろ「日常」における成長物語を描くことに腐心している。このエピソードにおいても、ウッソをはじめとするホワイトアークの面々は、戦場という「非日常」の中で「日常」を取り戻すために、戦場の真っ只中で遊んでいる。そう、当たり前だが、この「日常」こそ、必死になって創り上げるものなのだ。

 

しかし、ウッソの父親ハンゲルグは、息子の運んでくる、この「日常」の匂いが鬱陶しいらしい。いつも息子に対してそっけない態度をとり続けている。彼が戦争を始めた理由は、そもそも「日常」を取り戻すため、だったはずなのだが、いつのまにか「日常」に帰ってこれない本物の「戦争マニア」になってしまったようだ。そして、カテジナも、また、このハンゲルグと同じように、退屈な「日常」に対する不全感と苛立ちを、戦争という「非日常」にぶつけているのだろう。