読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

Vガンダム 10話 鮮烈!シュラク隊

シュラク隊の存在は、ガンダムシリーズと現実における男の地位低下を如実に表すものだ。また、これはウッソの周りに憧れや反発の対象となる大人の男がほどんど存在しないことを示している。代わりにいるのはウッソを際限なく甘やかしてしまう母親気取りの女戦士達だけだ。こうしてウッソは、大人の男として成長する機会を奪われ続けてまうことになる。

 

ただ、ここで唯一オリファー・イノエが大人の男として存在してはいる。いるのだが、この10話を見ても分かるように彼はシュラク隊やマーベットの機嫌を取るのに必死になっている。これは過去のガンダムシリーズの男たちと比べてもかなり情けない姿だと思う。そしてそんな彼の姿をウッソは「大変だな」と思いながら見ているのだ。また、さらにオリファーは初登場の時点からいきなりガンダムの運用をウッソに任せきっているし、その後も同様だ。そういう意味でも彼はすでにウッソに乗り越えられてしまった存在なのだ。ウッソは彼に対する反発も憧れも最初から持っていない。こんな目指す大人を持たない子供の成長は困難なものになってしまうだろう。だが、実際に私たちが現実世界で見かける大人の男たちも、せいぜいこの程度ではないだろうか。オリファーは現実にいる等身大の大人の男の姿だ。父親が息子に携帯電話やパソコンの使い方を教えてもらっているというのは、ありがちな話しだし、部下の女性たちにおっかなびっくり話しかける上司の姿も、今や見慣れた光景だろう。