カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

山崎ひろみ ~元祖草食系男子~

いわゆる草食系男子の走りだったのかもしれない。この彼もまたイングラムに搭乗することはない。ストーリー上はその大きすぎる体格のためにレイバー乗りには向いていないような事を言われていたが、そうではないだろう。

レイバーに乗って戦うには彼は優しいのである。いや、本当は優しいというよりも怖がっているのだと思う。何を怖がっているのかと言えば、自分自身が男性であること、である。つまり彼はその恵まれたフィジカル ー男性性ー ゆえに ー正義であろうとなかろうとー 暴力の恐ろしさや、それを行使することの責任を知りすぎているのである。

コミックス版パトレイバーは、男性が男性として存在することのプレッシャーが滲み出ている作品ではないだろうか。そして、それが泉野明がイングラムのパイロットに選ばれた理由でもあるだろう。