カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

企画七課 ~光画部~

特車二課のライバル。この企画七課を抱えるシャフト・エンタープライズ・ジャパンは巨大コングロマリットであり、かつ 多国籍企業である。その横文字のなんとなくカッコいい会社名や、その女性の脚をモチーフにしたロゴからも分かるように 、昭和臭を引きずる篠原重工や特車二課(警視庁警備部特科特殊車両二課)の、ある意味で対極にある存在として描かれている。(今思えば、女性の脚を企業ロゴにするというのは、いろいろとマズいと思うのだが、当時はなんとなくオシャレな感じであった)

さて、コミックス版を読めばわかるが、この企画七課とそれを率いる課長の内海は、高校か大学のサークルの延長のノリを捨て切れていないし、そもそも捨てるつもりもない 。彼らの特徴は、いつも課長の内海がトラブルを起こし、その後、部下たちが火消しに奔走することである。そして、それはゆうきまさみの前作 究極超人あ~るの主人公たちが所属するオタク系サークル 光画部 ー部長の鳥坂がトラブルを起こし、部員が火消しに奔走するー にそっくりである。いや、そっくりというよりも、企画七課は光画部そのものだ。それは内海のキャラクターデザインが、前述の鳥坂を踏襲していることからも分かる。

おそらく企画七課は光画部のなれの果てなのだ。他人の迷惑を顧みず自らの欲望に従って行動するという、光画部時代の幼児性を捨てきれないままに彼らは社会に出てしまったのだろう。80年代後半の日本 ーバブルー がそれを許したのだ。