カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

内海課長 ~スキゾ・キッズ~

シャフト・エンタープライズ・ジャパン 企画七課の課長であり、後藤喜一隊長のライバル的存在。

ゆうきまさみの前作 究極超人あ~るを知らない人には分かりづらいが、この内海はその前作に登場する鳥坂先輩にそっくりだ。したがってその鳥坂の説明から始めたいが、それについてはwikipediaで調べてもらった方が早いだろう。とりあえず、その彼を一言で説明すると「テンションが高くて行動力があるアッパー系のオタク」である。その行動原理は「面白ければなんでもいい ー手段のためには目的を選ばないー」であり、次から次へとトラブルを起こし続けるのだが、劇中の登場人物や読者からは愛されており実質的にはほぼ主人公であった。

その鳥坂は高校卒業後に東京都の職員となっている。が、このパトレイバーの世界においては、何の間違いかシャフト・エンタープライズ・ジャパンに入社してしまったらしい。そして、究極超人あ~る時代と同じ「面白主義」で課長にまで出世してしまった。ただし、その名は内海となって。

今考えると、こんな男が出世するわけがない、会社に居られるわけがない、そもそも就職できる訳がない、と言われればそうなのだが、繰り返すようにそこは1980年代後半のバブル東京を背景にした作品である。こんな男でも存在出来る程度の余裕が社会にあった。。。と言えなくもない。

加えて、この内海のような男が肯定された時期や空間が80年代には実際に存在したのである。スキゾ・キッズという言葉をご存じだろうか。80年代にちょっとしたブームを巻き起こした現代思想家 ーニューアカデミズムー の浅田彰が提唱した概念で、簡単に言えば子供のような人物のことだ。その細かい定義についてはやはりググっていただきたい。そしてその当時はそのスキゾ・キッズとやらが新しい時代を切り開く希望の星として期待されていたのである。確かにいつまでも子供で成長しない鳥坂=内海にとって、面白いことを思いつけば仕事になってしまう企画課という仕事は向いていたのかもしれない。

しかしこのような前作の主人公かつ、80年代の期待の星である鳥坂=内海を、作者は、このパトレイバーという作品においては敵として設定することになる。