読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

Vガンダム カテジナ・ルース

Vガンダム

これまでアップしてきたVガンダムに関するテキストは、基本的には昔(2000年代)に書いたものです。当時は、富野由悠季ファン、その中でもVガンダムのファンは多くありませんでした。それどころか、宇宙世紀黒歴史=トンデモ作品として扱われていたように思います。カテジナを「カテ公」と罵倒する、当時の風潮がそれをよく表しています。
私自身、大人になってからVガンダムを観て、その内容に衝撃を受けた人間です。この衝撃を、他の人にも伝えたい。Vガンダムは、ただのトンデモ作品ではない。ましてや、カテジナが「カテ公」などと呼ばれる筋合いはない。それが、このテキストを書いた動機です。

 

基本的に、Vガンダムというのは、主人公たちが(ある種の)現状肯定と、引きこもりを選択する物語です。これは、当時(90年代)の富野由悠季の気分(モード)だと理解していい。富野作品においては、少年を成長させるのが父性であり、退行させるのが母性です。この両者のせめぎ合いこそが、ガンダムシリーズの中心的モチーフだといってもいいと思います。しかし、このVガンダムという作品では、母性が父性を圧倒しており、最終的に、ウッソも、大人たちも、この母性の中に取り込まれてゆきます。だから、ウッソとシャクティを放っておくと、実は物語が進行していかないのです。



このように登場人物のほぼ全員が、この富野の気分(母性)に流されていく中、カテジナだけがその流れに逆らいます。実父に失望したカテジナが、強い父=父権を求めて、ウーィッグの街から出ていく=富野の思想(母性のモード)に反旗を翻すからこそ、Vガンダムという物語は成立するのです。劇中では、ある種の狂人として描かれるカテジナですが、しかし(ある意味では)彼女だけが正気だったのかもしれません。



カテジナは、作家の創造した登場人物ですが、その一方で、作家の意図を超えて動き、この物語を生み出しています。その意味においても、カテジナは主人公と呼ぶに相応しいキャラクターであり、この彼女の存在こそが、Vガンダムを稀有な作品としているのではないでしょうか。

Vガンダム 51話 天使たちの昇天

Vガンダム

カテジナはずっと不甲斐ない男に苛立ってきたし、母性を持った女を憎んできた。強かったはずの男の弱体化と、それを許す女の甘さが、ルース家の家庭崩壊を招き、ひいては宇宙戦国時代という社会の混乱を呼び込んだと信じたのだ。事実、力無き大人達はウッソ(子供)を戦争に駆り立て、そのウッソは子供のままで本来は強くあるべき男たちを次々と撃破し、敗れた男は母性という幻想の中に逃げ込んで幼児退行し、女たちも「母にならねば」と狂ったように男を取り込もうとする。秩序も何もあったものじゃない。「おかしいですよ!」と叫びたいのはウッソではなく、むしろカテジナの方だったのではないだろうか。もしかすると、このVガンダムで唯一正気を保っていたのは彼女だったのかもしれない。だが、正気が成立しない世の中で、正気を貫き通そうとした彼女はいつの間にか狂気の側に居た。自分を導いてくれる強い男=父権(象徴秩序)の存在する「正しい世界」を取り戻そうとした生真面目な少女の物語は「壊れた世界」に飲み込まれてしまったのだ。

 

「強くなって変革を志せ」というカテジナ。「元いた場所に(カサレリア)に帰ろう」というシャクティ。「幼児退行して引きこもりたい」というカガチ。この三人の思想がVガンダムの中で、せめぎ合っている。今振り返ってみると、90年代の思想がほぼ全て出尽くしている。その結末だが、カテジナは辿りつく場所すら見い出せないまま道に迷い、カガチは世界の全てを拒否して自滅し、シャクティはウッソと共に「父権不在の擬似家族的共同体」を作り上げ、そこで生きることを選択する。Vガンダム放送当時「何がなんでもウッソには生き延びてもらう」と語った富野が、子供達に何を伝えたかったのか、なんとなく分かる結末だ。

Vガンダム クロノクル・アシャー

Vガンダム

クロノクルは素直で真面目、その上に努力家だ。その持ち前の優等生的器用さで、とりあえず何でもそつなくこなしてしまう。だが社会が混乱すると、その煽りを真っ先に受けるのが、こういった優等生タイプではないだろうか。指示がバラバラの方向から飛んできたり、対立する複数の価値観の間に立たされると彼は混乱し、引き裂かれてしまう。

 

だが、ザンスカールにはこの優等生を上手く導ける大人がいなかった。最初の上司であるファラは、その強引な手法で部下の反発を買っていた上、逆にピンチに陥ったところをクロノクルに助けられてしまうような人間だ。だが、そのことでやっとクロノクルとファラの間に信頼関係が生まれた、と思った瞬間、ファラは更迭されてしまう。二人目の上司であるタシロもクロノクルの信頼を勝ち得ず、やはり、ファラと同じようにカガチによってギロチンにかけらる。最後に師事したピピニーデンだが、彼は全く話にならない卑劣な男だった。信頼できない上司や先輩達に囲まれた上、命令も二転三転する…。とどめは、地球クリーン作戦の中止だろう。自分が全力を注いだ作戦が、何の前触れもなく無意味な行為と化してしまった、その屈辱と無力感。「いったい全体、本国の連中は何を考えているんだ?!」

 

しかし、それでもクロノクルは生真面目にその場その場で自分に与えられた役割を果たしてゆく。たぶん、そうすることしか彼は知らなかったのだ。その結果、彼はザンスカールの軍人、女王の弟、優しいお兄さん、ウッソのライバル、シャクティの叔父、そしてカテジナの男といった、多くの、しかも互いに矛盾する複数の立場に立たされてしまった。彼がかつてのシャアのように自分勝手な男だったり、もう少しいい加減な性格だであれば、どれか一つに絞って他は放り出す、ということもをしたかもしれないが、生真面目な彼は、どの役割も等しく引き受けて頑張ってしまったのだ。いや、指示(支配)されることに慣れ切った人間にはありがちだが、やりたいこと(主体的な欲望)なんて特に無い男だったからこうなったのかもしれない。

 

結局、彼はカテジナに煽られた後に「とってつけたような野望」を抱き、その結果ウッソに、いや、世の中というものに翻弄され敗れてゆく。「貴様に何が分かる!女王マリアの弟にされ、カガチなどとも戦わなければならなくなった、この私の苦しみが!」。このクロノクルの叫びは、バブル崩壊以降の社会で、言われるとおりに一生懸命勉強してきたけど、全然幸せになれなかったじゃないか!、という元優等生の叫び(逆ギレ)にも聞こえなくもない。